サッカーユニフォーム PREMIUM31

FOOTBALL NEWS 監督を変える事、監督で変わる事

記事一覧

監督を変える事、監督で変わる事


ロベルト・ディ・マッテオがチェルシーと2年間の契約を交わしたと言うニュースが流れた。
アンドレ・ビラス=ボアス前監督の後をうまく率いて、CL優勝というタイトルを取ったチェルシー。


監督と言えば、名将として有名なモウリーニョ監督とファーガソン監督。

モウリーニョ監督
彼は色んな言われ方をされてきた。
特に「メディア」を敵に回しても選手を守る事が、良く思われない事もある。
ただ、彼が指揮とったクラブの選手は。声を揃えて、指揮官を絶賛する。彼がいるクラブは、見事に「勝つクラブ」になる。戦術も然ることながら、彼は、クラブを「家族のように」まとめあげるという。
感情的に選手達とコミュニケーションをとり、しかも、いつも選手を一番に考えている。
そして、選手から絶大な支持を得る。結果として、近年彼が指揮したクラブは「勝ち」を得ている。

ジョゼップ・グアルディオラ監督も「勝つ」と言う事に関しては、とてつもなく勝っているし、
ものすごく多くの「タイトル」も取っているが、彼はこれから指揮するクラブでの成績で評価対象になっていくんだろう。


ファーガソン監督
1986年からマンUを指揮している名将。27年間マンチェスターユナイテッド一筋。
リーグ優勝12回 FAカップ優勝5回 リーグカップ優勝4回 コミュニティーシールド優勝10回
UEFAチャンピオンズリーグ優勝2回 UEFAカップウィナーズカップ優勝1回
UEFAスーパーカップ優勝1回 トヨタカップ優勝1回
FIFAクラブワールドカップ優勝1回
とんでもない。

ファーガソンを見ていて思うのは、やはり「情熱」。
御年70歳。パッと見は、「温和なおじいさま」に見えるが、試合中やドレッシングルームでは、顔を真っ赤にして激怒する。ヘアドライアーと呼ばれることでも有名。


さて、来シーズンはどのくらいの新しい指揮官が出てきて、そして、途中で解任されることなく最後まで指揮を振れるか。
みものである。





10


Page Top