サッカーユニフォーム PREMIUM31

FOOTBALL NEWS 宮市亮。ボルトンとアーセナルの間で。

記事一覧

宮市亮。ボルトンとアーセナルの間で。


先程終わった日本代表戦に、代表戦初出場した宮市亮選手。



11/12のプレミアリーグでは、ローン先のボルトンで出場する事が多くなり、出場した際は相手DFをぶち抜くなど、そのスピードを魅せてくれた。後半はケガで少しでなくなったが。
ただし、ボルトンが降格しレンタル期間の終了で、来シーズンはアーセナルに戻ると報道されていた。
アーセナルと言えば、誰もが知っている名門。11/12シーズンは、リーグ3位でフィニッシュし、来シーズンのCL出場権も獲得している。監督は、以前日本でも監督をしたこともある、アーセン・ベンゲル。


が、ボルトンの監督、オーエン・コイルが、アーセナルに再レンタルの申し込みをしたというニュースを見つけた。

ベンゲル監督はオーエン・コイルの選手育成方法に、信頼を寄せており若手を預ける事がしばしば。
ウィルシャーも、「ボルトンで成長した」と言っており、ボルトンで過ごす事は良い気がする。

※ボルトン時代のウィルシャー
ちなみに、コイルは宮市の事を「ウィルシャーと同じインパクト」と言っており、ウィルシャーも「素晴らしいニュース。宮市がアーセナルでプレーできるなんて。彼はすごい選手になるから、 僕の言うことを信じて!」と言っている。さらに、ボルトンで活躍した際、「ほら、言ったでしょ!」とボルトンでもっと成長する!とコメントしていた。

アーセナルと言うチームは一流クラブであり、若手は出場チャンスがもらえない事が多い。
この為ローンで外に出して、成長させるわけだが。。。

もう少し、ローンで経験を積ませたいという気持ちと、アーセナルでプレーできるのなら。。。という気持ちとの間で揺れてしまう。

このタイミングで、アーセナルは大量に選手を放出するという事は電子メディアに出ている。
恐らく、補強はするのだろうけども、ベンゲルの構想の中に宮市はいるのか??

右にウォルコット、
中にファン・ペルシ、
左に宮市亮 中盤にウィルシャー、アルテタがいて。。
スピード感があって面白そうだけど。

日本人として、プレミアリーグに日本人が出場する試合を観れるにこしたことはないが、
名門のベンチでチラ見だけは避けたい。

若手好きのベンゲルが宮市のプレーが必要と思っていてくれていることを願うばかり。

2


Page Top