サッカーユニフォーム PREMIUM31

FOOTBALL NEWS 監督事情 モウリーニョはやっぱり

記事一覧

監督事情 モウリーニョはやっぱり


去年末からの監督事情。
グラルディオラのバイエルン行きで、他クラブが動き始めただろう。

一番加速したと思われるのが、やはりジョゼ・モウリーニョ監督(現レアル・マドリード)。
レアル首脳陣とのいざこざ。カシージャス問題、クリスティアーノ・ロナウド問題と、話題は絶えない中、いずれはプレミアリーグに復帰したいと発言したり。

ここにきて、やはりというか、チェルシーの指揮官としてプレミアに戻るという記事が出た。既にアブラモビッチオーナーや他主要選手と連絡を取ったりしているらしい。

今、チェルシーでは、ラファエル・ベニテス監督が再建を図っているが、サポータからの支持は得られていない上に、契約上は今シーズンいっぱいとなっている。「オーナーは支持している」と発言しているが、そのオーナーはこれまで何人の監督を代えてきた人だ。

監督を代える事がイコール、好成績を生む事にはならないが、ジョゼモウリーニョに限っては、これまで結果を残している実績がある。

今回のチェルシー行きが、一番見える筋道のように感じるが、真相は?



何となくだが、デンババがドログバの存在と被って見える。
今回のクラブのあり方がモウリーニョの好みの形となっているのか?それとも、既に内々のはなしで、モウリーニョの意向が入っているのか?この先の楽しみがまた出来た。

2


Page Top